2015年11月10日 第2回盲導犬体験学習


2015年11月10日(火) 第2回盲導犬体験学習

 伊東ライオンズクラブが盲導犬の普及と理解を目指して行っている第2回盲導犬体験学習が11月10日、伊東市立八幡野小学校と富戸小学校で行われました。

 盲導犬体験学習は昨年度伊東ライオンズクラブが実施した新会員セミナーから誕生した事業で、盲導犬について多くの人たちに役割を理解してもらうことにより、豊かな社会を実現しようというもの。

 それには感受性豊かな子どもに盲導犬にまず触れてもらって、親しんでもらうのが一番。市内の小学校では4年生が社会福祉について学ぶ授業があることから今年度はこれらの児童を対象に8小学校で実施することになりました。

 協力していただいているのは公益法人 日本盲導犬協会 日本盲導犬総合センター(盲導犬の里・富士ハーネス)さん。また、教室には盲導犬ユーザーの方も参加していただいており、実際に目の不自由な方のどんなことに盲導犬が役立っているか、欠かせない存在になっているかを直に見てもらうこともしています。

 八幡野小と富戸小では子どもたちが自分でも目隠しして、盲導犬を体験し、有意義な時間を過ごしました。
 今後の予定は13日に大池小学校と西小学校、25日に南小学校と旭小学校で開催されることになっています。

(写真は八幡野小学校での様子です)

IMG_2638

IMG_2639

IMG_2640

IMG_2641

IMG_2642

IMG_2643

IMG_2644

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です