2016年2月2日  第1301回2月節分例会


2016年2月2日  第1301回2月節分例会

 2月2日(火)第1301回2月第1例会「節分例会」がホテル聚楽で開かれました。
 最初にあいさつに立った北村敬一会長は第25回善行賞授与式が盛大に行われ、大成功だったことを報告。これまでの25年間に2,000人余りの受賞者がいることに触れ「継続して事業を続けることの大切さ、意義を深く感じました」とメンバーの協力に感謝の言葉を述べました。
 また、会計のL堀井賢一が上半期(7月1日から12月31日)の収支について報告を行いました。
 この日は節分例会と銘打って、年男のメンバーが福男に扮し「福は内!」の掛け声とともに豆まきを行い、一年の福を祈願しました。
 卓話は新春(寿)卓話と題し、L井原孝が「リニア品川駅」の着工にかけて「リニアが完成すれば、新幹線は静岡県民のものになる」との持論を展開。日本がノーベル賞世界第2位であること、世界に誇る基礎科学の話、“はやぶさ”にまつわる宇宙の話、チームJAPANの話、外国人観光客の話と話題を広げ「日本が欧米並みに外国人観光客を受け入れるためには、気候・自然・食事・文化を磨き、リピーター増を目指さなければいけない」と観光・日本の目指すべき姿について語りました。

北村敬一会長

北村敬一会長

上半期の会計報告する会計のL堀井賢一

上半期の会計報告する会計のL堀井賢一

節分で年男が福男に

節分で年男が福男に

新春卓話のL井原孝

新春卓話のL井原孝

2月誕生祝い

2月誕生祝い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です