2016年2月4日  献眼者に厚生労働大臣感謝状


2016年2月4日  献眼者に厚生労働大臣感謝状

 昨年度、伊東市内で県アイバンクに角膜を提供した献眼者に厚生労働大臣からの感謝状が贈られ、2月4日伊東市役所で佃弘巳市長から遺族に伝達されました。
 今回、感謝状が伝達されたのは湯川の鳥居弘陸さん(享年69)の遺族。伝達式には弘陸さんの妻・洋子さんが出席。佃弘巳市長から感謝状を贈られました。弘陸さんは1981年に洋子さんと一緒に登録。昨年3月に死去し、献眼しました。
 伊東ライオンズクラブからは北村敬一会長、土屋聡幹事、堀井武史社会環境福祉委員長が出席。北村会長は「これからも協力の輪を広げて行きたい」と遺族に感謝の言葉をかけると共に更なる献眼登録の充実に意欲を示しました。

160204_01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です