令和3年 新年会長挨拶


令和3年 新年会長挨拶

「皆様、新年明けましておめでとうございます。
会長の藤井德政でございます。
今回の、会報発行に際し、特別に寄稿させて頂きました。
ご存知のように『新型コロナウィルス』は益々感染力を増し、終息の予測が立ちません。
2020年1月から現在1年間経っても、衰えるどころか勢いを増しております。
東京及び周辺3県に緊急事態宣言が発出され、大阪周辺、愛知県においても発出される状況です。
そして更に全国的な規模に広がっております。これは我々がかつて経験したことのない、まさに国難であります。
政府はウィルスの終息と経済の下支えを図るためGOTOキャンペーン等の施策を展開しておりますが、一部を除いて、特別大きな成果はなく現状においてもジレンマは続いております。
伊東ライオンズクラブは12月・1月と例会、予定していたアクティビティ等が全て中止とせざるを得ない状況になってしまいました。
今後につきましても、具体的なクラブ運営の道筋は立っておりませんが、何としても、この国難を乗り越えなくてはなりません。
そのためには、メンバーお一人お一人の健康が先ずは第一であります。
どうか皆様、基本的な感染予防をしっかり実行して頂きたいと存じます。
そして、楽しく充実したライオンズライフを1日も早く復活させましょう。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です