盲導犬新ユニット出発式


視覚障害者とパートナーの盲導犬との新たな門出を祝う「盲導犬新ユニット出発式」が11月16日、富士宮市内で開かれました。
日本盲導犬総合センター「富士ハーネス」で訓練を終えた8匹の盲導犬が新たなユーザーとともに参加し、新生活をスタートしました。関連団体から多数が顔をそろえ、盲導犬の普及・啓発活動に取り組む伊東ライオンズクラブからは社会環境福祉委員会のL.齋藤整委員長が出席しました。

伊東JFCが優勝 下田でレオ・サッカー大会


「第11回ライオンズクラブ・ゾーンカップ争奪レオ・サッカー大会」が12月9日、下田市の敷根公園グラウンドで開かれました。334-C地区4R1Z(熱海・伊東・賀茂地区)の9チームが参加し熱戦を展開、伊東JFCが優勝を飾りました。

第40回学童野球新人戦富士見ファイターズが優勝


伊東ライオンズクラブ主催の第40回学童野球大会新人戦が11月3日から4日間にわたり伊東市営かどの球場で開かれました。市内の小学5年生以下の児童で編成された7チームが出場、トーナメントで熱戦を展開した結果、富士見ファイターズが優勝しました。

ポイ捨て防止看板、交通安全塔を清掃


伊東ライオンズクラブが設置した「ポイ捨て防止看板」と「交通安全塔」の清掃が10月20日、会員17人が参加して行われました。
年1回の奉仕作業。亀石峠近くの県道伊東大仁線沿いにあるポイ捨て防止看板での作業では、会員事業所の高所作業車と高圧洗浄機を使って看板上部に潜在を吹き付けてデッキブラシでこするなどして、看板の汚れを落とした。周辺の草刈りも行い、環境美化に努めました。

定時制教育を支援 伊東高に助成金


第1363回例会は9月4日、県立伊東高校定時制へ助成金贈呈が行われ、L.青山会長が「教育に役立てて下さい」と菊地正博教頭に助成金5万円を手渡しました。菊地教頭は「定時制には生活が苦しい生徒も多い。有意義に使わせていただきたい」と感謝。さらに市内3高校の統合で誕生する新構想高校に触れ「地元の意見を吸い上げ、良い学校をつくっていき、ニーズに合う定時制教育も進めていきたい」と述べました。

盲導犬キャラバン


6月1日(金)伊東市荻の障害者支援施設・碧の園で「盲導犬キャラバン」を開催しました。社会福祉施設での実施は初めてで、日本盲導犬協会から押野さんと池田さんを招いて、職員、入所者など約90名が参加して行われました。

入所者は、押野さんより「盲導犬は目の見えない人と生活し、助ける役割がある」と説明を受けたあとに、初めて盲導犬を間近で見て、リラックスした様子で笑顔を見せ、盲導犬と触れ合いました。

また、同日の午後には、伊東市立西小学校で小学生対象とした「盲導犬キャラバン」も開催しました。

 

盲導犬キャラバン感想文   西小学校 4年 女子

わたしが、もうどう犬学習で学んだことは、もうどう犬は、目の不自由な人を助けたり、きけんを教えてくれたりして、とてもしんらいをよせられるそんざいだということを強く感じました。また、人と犬がならんで通っても、安全な道を探してくれることにおどろきました。わたしは、目の不自由な人を助けてくれるりっぱなもうどう犬になる前の最初のくんれんが、コミュニケーションのう力を高めるためのくんれんだということが心に残っています。これからは、目の不自由な人のために、点字ブロックやゆうどうブロックの上におかれている物をかたづけて、通こうの安全をかくほしたいです。そして、きかいがあれば点字も学習していきたいです。すごくよい体験になりました。

 

盲導犬キャラバン感想文   西小学校 4年 男子

ぼくは、目が見えない人は、盲導犬をつれて、町に行くことが大変だと思っていました。でも、盲導犬がみちびいてくれていると聞いて、すごいと思いました。盲導犬は、たくさんの人たちの訓練によって、人をみちびいてくれている犬だなと思いました。ぼくは、もっと盲導犬の役わりやできることについて調べてみたくなりました。盲導犬学習では、色々な事を学びました。ぼくは、盲導犬学習でメモに書いたことをヒントやたよりにして、伊東の町がしあわせな町になるように考えていきたいです。

 

 

 

ごみゼロ運動クリーン作戦に参加


5月27日(日)第22回ごみゼロ運動クリーン作戦に伊東LCから12名が参加、清掃活動に汗を流しました。当日は、天候にも恵まれ午前9時30分より、ホテル暖香園から玖須美温泉通り・銀座あんじん通りの清掃を実施、主にたばこの吸い殻や雑草を取り、ごみ袋二袋(約20kg)を集め、観光地伊東の美化活動に努めました。

少年少女合唱団に助成金


3月6日(火)に開かれた第1351回3月第1例会において、伊東市少年少女合唱団に助成金が贈られました。この日は平成29年5月に新たに就任された山田恵三理事長を招き中俣武行会長より助成金が手渡されました。山田理事長より「長年にわたり支援を頂きほんとうにありがたい。少年少女合唱団も社会貢献の一環で成人式や安針祭等に参加している、これからも皆さんの気持ちに応えられるよう、人の心に響く歌声づくりに励んでいく」と感謝の言葉を述べられました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

献眼顕彰碑清掃


3月6日(火)、松川湖畔にクラブ創立40周年を記念して建立した「献眼顕彰碑」と「桜の植樹記念碑」の清掃及び周辺の環境整備の美化活動を、メンバー28名が参加して行いました。清掃活動は毎年行っており、この日も献眼物故者に感謝をし、顕彰碑をしっかり磨き上げ丁寧に洗い流し、1年の汚れを落としました。

また、石井兼治社会環境福祉委員長は、有線テレビIKCを通じて、献眼登録の協力を市民に呼びかけました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

2018年2月18日㈰ 交通安全塔清掃 伊東警察署も参加


2月18日(日)に伊東ライオンズクラブメンバー22名と鈴木伊東警察署署長以下12名が参加して、市内3カ所の交通安全塔の清掃を行いました。昨年7月に3役が鈴木署長を表敬訪問した際に、交通安全塔の話が鈴木署長よりあり、交通安全活動に携わる警察も清掃に参加したいとの打診を受け、今回はじめて合同での実施の運びとなりました。当初は、昨年の10月22日の予定で準備をしておりましたが、台風の接近にともない延期、鈴木署長のご協力もあり今回の作業となりました。

参加者は、2班に分かれ伊豆グランパル公園前の交通安全塔と亀石峠の交通安全看板の清掃や周辺の草刈り行いました。警察署員の皆さんの機敏な動きもあり作業は順調に進み、交通安全塔も例年以上にきれいに磨きあげられました。川奈の殿山交差点付近の交通安全塔で2班が合流し、最後に中俣会長と鈴木警察署長が噴射器とデッキブラシを使って、ぴかぴかに磨きあげ作業終了となりました。

鈴木警察署長が、伊東警察署管内での交通事故数は、県内で比較しても非常に少なく、今後も伊東ライオンズクラブと伊東警察署で協力して、地道な活動を続けていきましょうと作業終了後に挨拶されました。

今回、清掃作業に参加して頂きました警察署員の皆様ありがとうございました。

また、事前の準備から当日の作業の実施まで、石井 兼治委員長はじめ社会環境福祉委員会の皆様お疲れ様でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年1月20日㈯ 第27回伊東市善行賞授与式


平成29年度第27回伊東市善行賞授与式が、1月20日(土)午前10時よりひぐらし会館3階ホールにて開催されました。長期的な地域貢献や自主的・自発的な奉仕活動を行った小中学生を対象に55人、3団体が受賞しました。ご家族や関係者が多数見守る中、受賞者は緊張な面持ちで舞台に登壇し、1人1人に高橋雄幸教育長より表彰状が手渡され、伊東ライオンズクラブ中俣武行会長より記念の盾が贈られました。

表彰式終了後には、青いかば旅行社の長谷川浩平様・長谷川優子様が「心のバリアフリーを広めるために魔法の言葉を使ってみよう!」というテーマで、困っている人への声掛けや支援ついての講演を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

盲導犬学校訪問 11月6日(月)盲導犬募金活動 11月6日(月)


11月6日(月)に伊東市立旭小学校、11月7日(火)に伊東市立南小学校で盲導犬学校訪問を行いました。小学4年生を対象に、富士宮市にあります盲導犬訓練施設の「富士ハーネス」より盲導犬とインストラクターが来て、盲導犬の仕事を実演しました。子どもたちは、盲導犬として実際に活躍していた引退犬とも触れ合う事ができ大変楽しそうでした。また、11月6日(月)は、伊東ショッピングプラザデュオにて献眼登録活動及び盲導犬募金活動も併せて行いました。

 

第39回伊東ライオンズクラブ学童野球大会新人戦 11月3日・4日


11月3日、4日に第39回伊東ライオンズクラブ学童野球大会新人戦が伊東市内から7チームが参加して、伊東市営かどの球場で開催されました。両日とも天気に恵まれ、子供たちは、日頃の練習の成果を発揮し、熱戦を繰り広げ、結果は優勝 伊東ジュニア 準優勝 富戸ジュニアでした。

 

第10回 レオサッカー大会 2017年10月7日(土)


第10回 ライオンズクラブゾーンカップ争奪 レオサッカー大会を東伊豆町立体育センターで開催。 前日からの雨のため体育館にてフットサルに変更。伊東ライオンズクラブからは、8名が参加。

第36回伊東市ふれあい広場 2017年9月24日(日)


9月24日(日)伊東市健康福祉センターにて第36回伊東市ふれあい広場に参加。
ライオンズクラブは、バザー品の提供と、献眼登録の呼びかけと盲導犬の普及と募金活動を行いました。

夏季留学生来日


スロベニア共和国の高校生  Iza Vrtacnik (イザ バルタチニク) さんが7月26日来日

7月26日~8月5日まで当クラブL三枝宅に滞在し、L三枝の知り合いの方たちとのバーベキューや、伊豆グランパル公園でイルミネーションや小動物とのふれあいも楽しみました。

海ではイルカを探しに船にのったり、花火の見学をしたり、L三枝のご好意により多くの初めての体験をした様です。

又、東京に行きスカイツリー展望台にのぼり、渋谷でショッピングも楽しみました。

DSC00003

DSC00034

DSC00042

DSC00052

DSC00092

DSC00095

DSC00105

DSC00111

DSC00113

DSC00115

DSC00124

2016年3月1日 アイバンクへの登録呼びかけ


アイバンクへの登録呼びかけ

 3月1日、例会終了後、メンバー20人が参加し、伊東ショッピングセンター「デュオ」センターコートで献眼登録の呼びかけを行いました。
 静岡県アイバンクとライオンズクラブは目の不自由な方に角膜移植で愛の光を贈るアイバンク(献眼)活動を行っています。
アイバンクとは、目の角膜の病気によって視力が著しく低下した患者の方のために献眼を希望された方から角膜の提供を受け、移植に繋げるために活動する厚生労働省から認可を受けた機関。ライオンズクラブでは社会貢献の一環としてアイバンク活動に協賛し、共に活動を続けています。
 会場ではメンバーがパンフレットやティッシュペーパーを配布しながらアイバンク活動への理解と協力を呼びかけ、同時に献眼登録の受け付けも行いました。
DSC01027

2016年3月1日 伊東市少年少女合唱団 助成金贈呈


伊東市少年少女合唱団 助成金贈呈

 3月1日開かれた第1303回例会で伊東市少年少女合唱団に助成金が贈られました。
 伊東市少年少女合唱団への助成金は毎年恒例のもので、この日は例会に合唱団の丸井重孝理事長を招き、北村敬一会長から助成金が手渡されました。
 同合唱団は昭和51年に結成され、今年結成40年を迎える。丸井理事長は「伊東市少年少女合唱団は今年で結成40年目を迎え、小学校2年生から高校2年生まで41名の団員が活動しています。昨年はメンバーの数が30人台まで減少し、心配しましたが、何とか40人台に回復し、頑張っています。ライオンズクラブの皆さんには本当に長年にわたって支援していただき、感謝しています。これからも地域の人たちに愛される合唱団を目指していきます」と感謝の言葉を述べました。

少年少女合唱団へ助成金を贈呈

少年少女合唱団へ助成金を贈呈

2016年2月4日  献眼者に厚生労働大臣感謝状


2016年2月4日  献眼者に厚生労働大臣感謝状

 昨年度、伊東市内で県アイバンクに角膜を提供した献眼者に厚生労働大臣からの感謝状が贈られ、2月4日伊東市役所で佃弘巳市長から遺族に伝達されました。
 今回、感謝状が伝達されたのは湯川の鳥居弘陸さん(享年69)の遺族。伝達式には弘陸さんの妻・洋子さんが出席。佃弘巳市長から感謝状を贈られました。弘陸さんは1981年に洋子さんと一緒に登録。昨年3月に死去し、献眼しました。
 伊東ライオンズクラブからは北村敬一会長、土屋聡幹事、堀井武史社会環境福祉委員長が出席。北村会長は「これからも協力の輪を広げて行きたい」と遺族に感謝の言葉をかけると共に更なる献眼登録の充実に意欲を示しました。

160204_01

2016年1月23日  平成27年度第25回善行賞授与式


平成27年度第25回善行賞授与式を開催

 平成27年度第25回伊東市善行賞授与式(伊東LC・伊東市教育委員会主催)が1月23日、桜木町の伊東市ひぐらし会館で開かれました。

 今年はみんなで協力して校内清掃に取り組んだ池小学校6年生全員など3団体(小学校1件、中学校2件)と個人25件、52人(小学校16件、32人、中学校9件、20人)に対し、内山義夫教育長から賞状、北村敬一伊東LC会長から記念の盾が贈られました。

 内山教育長はあいさつで「善行賞が25年もの長きにわたって続いていることは素晴らしいこと。これまでに2千人近い人が表彰された。良い行いは社会を明るくし、人々を元気にしてくれる」と受賞者を称えました。

 式典では受賞者を代表して西小学校の神戸心那さん(5年)と玉木文菜(5年)さん、北中の鈴木尊士さん(3年)が「これからも進んで人の役に立ちたい」と受賞の喜びを語りました。

 第2部のアトラクションでは盲導犬のデモンストレーションが行われました。今年度、伊東LCが市内の8小学校を対象に盲導犬体験学習を行ったことからぜひこの機会により多くの人たちに理解の輪を広めようと実施したもので、日本盲導犬協会・富士ハーネスから盲導犬2頭が参加。ステージ上で、実際に歩行の様子などを見てもらい、盲導犬が目の不自由な人にとってどれほど大切な存在か、また、盲導犬が一般からの募金で運営されていることなどを知ってもらいました。

DSC00966

DSC00970

DSC00975

DSC00976

DSC00989

DSC00994

DSC00996